会社案内

お客様第一主義のものづくり
名古屋市内から1時間、三重県にある大型機械加工の工場です
豊かな経験と実績から新しい時代のニーズにお応えしています。

 

金型加工技術は高速加工と高付加価値生産を求められ、より高精度・高密度そして短納期の対応が必要です。多様化する時代に向けCAD・CAM化の最新設備から経験と技術によりモノづくりの可能性にお応えできる加工をめざしています。

    

   

また、マシニングセンター・プレーナー・平面研磨盤等を所有し、すべての工程を社内で行う為短納期やコストダウンにも対応しており、お客様から喜ばれています。

 
1.私達は、お得意様第一主義を基本とし、良心的に最善の仕事を行います。

2.私達は、能力、技術を最大限に発揮し、常に品質向上に努力します。   

3.私達は、お得意様の意見に対し、素直な心を持ってお応えします。   

4.私達は、温かい心で、人の和を大切にし、地域社会に貢献します。

経営方針
私達は、技術集団を目指し、技術の向上と創造的技術の開発を通し、自分を磨き、お得意様と共に栄え技術を持って社会に貢献します。
メディア掲載
モノづくり中部 技術・技能自慢100社に掲載されました。出版社: 日刊工業新聞社 (2006/03)
企業概要
社名 株式会社 伊藤英男鉄工所
代表 伊藤 國和
所在地 〒511-0912
三重県桑名市大字星川2350 <地図>
TEL 0594-31-5158
FAX 0594-31-2048
URL http://www.itohide.co.jp
E-MAIL ito-hide@smile.ocn.ne.jp 
営業品目 五面加工
大型機械加工
マシニング加工
産業機械部品加工
工作機械部品加工
金型部品加工
資本金 500万円
設立年月日 昭和36年3月
従業員 12人
取引先銀行 桑名信用金庫 星川支店
百五銀行 桑名支店 
企業沿革
1961年 伊藤鉄工所創立
1969年 工場移転 ・伊藤英男鉄工所設立
1970年 プレーナー加工開始
1982年 プラノミラー導入
1986年 研磨加工開始
1989年 マシニングセンター導入
1990年 伊藤 國和 代表就任
1993年 工場移転
1996年 五面加工機導入
1997年 三菱重工業取引開始
2000年 オークマ・MCVA導入
2004年 オークマ五面加工機導入
2006年 株式会社に変更